HOME > 採用情報 > 先輩社員紹介 > [先輩社員紹介]先輩社員の声

採用情報

先輩社員の声

2012年入社 理系卒 線路施設部建設グループ 松本 真哉

あなたがHTNetに入社した理由を教えてください。

 北陸3県を中心に光ファイバー網を展開しているこの会社に、地元との繋がりと強い地域性を感じました。地元企業に信頼度の高い通信を提供することで地域の活性化へと繋がる、そのための土台作りをしているのがこの会社であると思い、この仕事に携われることに大きな魅力を感じました。自分が生まれ育った石川県で物作りに携わり、恩返しをしたいと考えていたことがこの会社を選んだ一番の理由です。また学生の頃、通信分野について専門的な知識を深めてきたこともあり、通信事業に携わることで自分の力を十分に発揮することができ、結果的に地元への貢献に繋がると考えていたことも理由の一つです。

現在の仕事内容について教えてください。また、その仕事のやりがいや楽しさはなんですか。

 線路施設部の主な業務は光線路(光ファイバー網)の構築、保守、管理です。私はその中で光線路の構築を担当しています。最終目標は最寄り収容局からお客様の拠点までを光ファイバで結ぶことですが、そのために必要な工事や資材の発注、工事工程の調整、各種申請手続きなどさまざまな業務があり、自分の考えが直接設備や通信の品質に繋がるところが楽しいところでもあり、気を遣うところでもあります。そのため「どうすればお客様の要望を実現できるだろう」、「信頼度の高い設備を構築できるだろう」といったことを常に考えて日々の業務に取り組んでいます。責任ある仕事を任されていることを実感できることが今の仕事のやりがいです。また施工業者や各自治体など外部との繋がりが非常に多く、人との繋がりの大切さを日々感じています。

入社してから今までで一番印象に残っていることはなんですか。

 業務の流れを一通り覚えて自信を深めていた頃に起こったある出来事です。いつも通り納期を決定し、光線路工事を予定していたのですが、現場調査の段階に入ると、予想外に多くの関係機関に申請手続きが必要な事が分かりました。申請手続きは、各機関で申請方法や締切期日が異なるため、お客様にご提供するまでの納期に間に合わないかもしれない状況に陥りました。どうしたらこの事態を乗り切ることができるのか一人苦慮していました。そのような中で、先輩方からの助言や経験談を参考にし、申請が必要な機関と手続きに関し調整を行い、申請が工事日までに間に合わない場所の区間についてはリスケ調整することで、何とか納期までに間に合わせることができました。そもそも納期を、これまでの経験に基づいて安易に計画を立ててしまったことが原因でしたが、想定通りに行かない時や、困った状況に置かれた時にこそ、焦らず、落ち着いて、素早く行動することの大事さを痛感しました。

< 先輩社員紹介一覧にもどる

お問い合わせはこちらから

各種サービスに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

メールでのお問い合わせはこちらから電話でのお問い合わせ

こちら
TEL:076-269-5620

資料ダウンロード

各種サービス約款、カタログはこちらからご覧いただけます。

PDFデータをダウンロード

導入事例集

導入事例

各種サービスの導入事例をご覧頂けます。

メニュー