HOME > サービス > メールセキュリティサービス「HTNet Mail Gateway」 > 仕様

メールセキュリティサービス「HTNet Mail Gateway」

仕様

  • ご利用にあたりまして次の3つのパターンで選択が可能です。
    • ウィルスチェックのみ
    • スパムチェックのみ
    • 両方
  • このサービスを利用するには、お客さまが送受信するメールが当社のサーバを経由するよう、現在ご利用のDNSサーバ、メール(SMTP)サーバで設定変更をしていただく必要があります。

ウィルスチェック機能

ウィルス検出※1 送信のみ/受信のみ/送受信共 の中から選択
検出方法 Fortinet社の検索エンジンによりチェック
ウィルスメールの処理※2 受信時 ※3 ウィルスメールは拒否
拒否したメールは送信者に返送
管理者、及び/または、送/受信者に通知メールを送信可能
送信時 ※4 ウィルスメールを破棄
管理者、及び/または、送/受信者に通知メールを送信可能

※1 ウィルスチェックは、全ての送受信メールについてチェックします。予め、送信メールのみ、受信メールのみ、送受信メール両方を選択して頂きます。
※2 ウィルスメールを手動で登録、削除する場合は、有償で当社が設定致します。但し、サービスご利用開始から1ヶ月間は無償で対応致します。
※3 ウィルス感染したメールを受信した場合、それを拒否します。この時、送信者及び受信者、或いは、管理者に、拒否したことをメールでお知らせします。
※4 ウィルス感染したメールを送信しようとした場合、そのメールを破棄します。この時、送信者、或いは、管理者、破棄したことをメールでお知らせします。

スパムチェック機能

スパム検出※1 送信のみ/受信のみ/送受信共 の中から選択
検出強度※2 3段階の検出強度(H:高/M:中/L:低)の中から選択
スパムメールの処理 受信時 ※3 拒否/破棄/隔離/Subjectにタグ付けから選択
管理者、及び/または、送/受信者に通知メールを送信可能
送信時 拒否/破棄/Subjectにタグ付けから選択
管理者、及び/または、送/受信者に通知メールを送信可能
隔離されたメールの取り扱い 隔離されたメールを、お客さまが閲覧/再送することが可能
隔離された日から14日経過、または、保存容量(1ユーザあたり200Mバイト)を超えると、古いメールから削除
ブラックリスト/ホワイトリスト
の登録・削除
当社から提供する管理画面(ブラウザ)※4で、お客さまが自由に設定可能指定可能な項目は次のとおり
・送信元IPアドレス/・送信元ドメイン/・送信元アドレス

※1 スパムチェックは、全ての送受信メールについてチェックします。予め、送信メールのみ、受信メールのみ、送受信メール両方を選択して頂きます。
※2 スパム検出は、強度の異なる高・中・低の3段階の中から選択して頂きます。強度が高いほど、スパム検出を判定する項目が増えます。
※3 受信時のスパムメールの扱いは、拒否/破棄/隔離/件名にタグ付して送信の4パターンから選択して頂きます。
※4 メール管理者の方に、スパムの検出条件などを設定できる管理画面をご提供致します。スパムメールの検出状況をメール管理者にお知らせします

お問い合わせはこちらから

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

営業部 法人営業グループ
TEL:076-269-5605

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

各種サービスに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

フォームでのお問い合わせはこちらから電話でのお問い合わせ

営業部 法人営業グループ
TEL:076-269-5605

資料ダウンロード

各種サービス約款、カタログはこちらからご覧いただけます。

PDFデータをダウンロード

導入事例集

導入事例

各種サービスの導入事例をご覧頂けます。