HOME > サイバーセキュリティ研修の開講

サイバーセキュリティ研修

コース

コース名 セキュリティインシデント対応実践
形式 実技
期間 2.5日間
開催日 平成30年2月26日(月)~28日(水)
申込期間 ~開催日1週間前 (定員になり次第締め切ります)
時間 1日目13:00~17:00(12:50 受付開始)
2日目、3日目9:00~17:00
最大人数 12名 ※最小催行人数9名
開催場所 IT ビジネスプラザ武蔵、情報化研修室
住所 石川県金沢市武蔵町14番31号
URL https://www.bp-musashi.jp/index.php
価格 100,000円(税抜)※テキスト代込
主催 北陸通信ネットワーク株式会社
協力 国立大学法人 金沢大学、国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学
後援 一般社団法人 石川県情報システム工業会

スケジュール

開催日 2018/2/26(月)~28(水)
2/26(月) 12:50~受付開始
13:00~17:00ネットワークツール実践
※後半に名刺交換会開催
2/27(火) 9:00~17:00インシデント対応演習
2/28(水) 9:00~17:00インシデント対応演習

対象者

対象者 ・中小規模ネットワークの運用管理者・担当者の方
・標的型攻撃のセキュリティインシデントへの対応を学習したい方
・社内上層部や外部関係者へのインシデント報告のあり方を知りたい方
・サイバーセキュリティに関してコミュニティを持ちたいと考えている方

研修内容

講義名称 ネットワークツール実践
講師 北口 善明(東京工業大学准教授)
到達目標 ・演習時に必要なネットワークツールの利用方法を習得する
・ネットワークにおけるプロトコルの挙動を理解する
・パケットキャプチャによる解析手法を理解する
講義概要 後半の演習において必要となるネットワークツールの利用方法について学ぶ。パケットキャプチャ ツールである「Wireshark」を中心に、パケット解析手法について学習する。また、コンピュータ内の各種状態をモニタリングするツールとして「リソース モニター」等を取り上げ、障害解析の手順について理解する。
講義名称 インシデント対応演習
講師 鈴木 裕信(ソフトウェアコンサルタント)
到達目標 ・マルウェア感染によるインシデント発生から対応までの一連の流れを体験する
・実際のインシデントの現実に即した対応方法を学ぶ
・インシデントの報告書作成におけるポイントを学ぶ
講義概要 本演習は、組織内で発生したインシデントハンドリングに関する一連の内容を、現実に即した流れで行う受講者主体の実習である。組織の情報システム管理者としての立場から、インシデントの発見・報告、問題箇所の特定・隔離や分析・解析、被害状況の確認などを行い、また、関係者への連絡や報告書等の作成を行う。

注意事項

  • 「請求書」がお手元に届きましたら、内容をご確認の上、支払期日までに請求書記載の指定口座にお振り込みください。なお、振込手数料はお客さまのご負担になります。受講料には、教材費を含んでおります。
  • 受講変更は6日前までとさせて頂きます。
  • キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
    • コース開始日の1週間前~6日前のキャンセル:受講料の50%を請求
    • コース開始日の5日前~当日のキャンセル:受講料の全額を請求

お申し込み

  • 弊社ホームページ内の申込フォーム(下段参照)よりお申し込み下さい。
  • 受講申込期間終了後、「受講のご案内」と「請求書」を申込責任者の方に送付致します。
  • 募集人数を超えた場合は、お申し込みの先着順とさせて頂きます。

お申し込み

問い合わせ

 北陸通信ネットワーク サイバーセキュリティ研修事務局
 送付先電子メールアドレス: security-training@htnet.co.jp
お問い合わせはこちらから

各種サービスに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

メールでのお問い合わせはこちらから電話でのお問い合わせ

こちら
TEL:076-269-5620

資料ダウンロード

各種サービス約款、カタログはこちらからご覧いただけます。

PDFデータをダウンロード

導入事例集

導入事例

各種サービスの導入事例をご覧頂けます。

メニュー